窓だけじゃない!ロールスクリーンの活用法

目隠しや間仕切りに大活躍!来客時にも安心!

ロールスクリーンは窓に取り付けるだけでなく、様々な場所で活用できる優れものです。上げ下げできる性質を上手く使って部屋の間仕切りに使えば、必要な時だけ隠したい部分を遮れます。例えばLDKのキッチンとダイニングの間を遮れば、来客時に丸見えになりません。視線が気になる部分ですので、シンプルなデザインを選ぶとお洒落になるでしょう。壁紙や家具との相性も考慮すると良いです。また、ワンルームのベットスペースで間仕切りに使用すれば、就寝時に落ち着いた気分になれます。お洒落なデザインを選べばインテリアのアクセントとしても素敵な印象になりそうです。また、来客があった時に意外と目立つ洗面所では、洗濯機をロールスクリーンで隠せばスッキリ見せられます。脱衣カゴなど片付けにくいものも一緒に隠してしまえて便利です。

ホコリよけや趣味にも使える!使い道の多さが魅力!

ロールスクリーンは、目隠し以外の活用術もあります。壁際のオープンラックにロールスクリーンを掛けておくと、棚に収納している物がホコリから守れて良いです。特に日当たりの良い場所では本などが色あせてしまうのを防げます。絶対に日差しを避けたい物がある場合は、遮光性の製品がオススメです。また、寝室にあるウォークインクローゼットにはドアのないタイプがあり、冷暖房が逃げやすかったり収納物が丸見えになったりして気になる人も多いのでは。しかし、ドアを取り付けたいと思っていてもコストがかかります。ロールスクリーンなら取りつけも手軽に行えてドアの代わりにできます。自宅にシアタールームが欲しい人にもロールスクリーンはオススメです。暗幕タイプの製品なら、寝室やリビングなど場所を選ばずに大画面で映画を楽しめます。勿論、使用しない時の収納性も抜群です。

© Copyright Space With Roll Screen. All Rights Reserved.