目的で選ぶブラインドとロールスクリーンの違い

ロールスクリーンとブラインドの相違点を把握しよう

ロールスクリーンとブラインドは、ともに遮光性の高いインテリアとして知られていますが、使い方や素材の種類などに違いがあります。一般的に、ロールスクリーンはカーテンと同じような使い方ができるものが多く、布や化学繊維などの柔らかみのある素材が用いられているものが目立ちます。一方、ブラインドはアルミや木材などの耐久性の強い素材が使われており、すっきりとした印象が特徴的です。
最近では、ロールスクリーンとブラインドの双方のメリットを取り入れたインテリアも登場しています。そこで、室内の環境を自分好みに変えたい場合には、ホームセンターや家具店などを訪れることで、ニーズに合ったアイテムを選ぶことがおすすめです。

ロールスクリーンの質感やデザインに注目しよう

ロールスクリーンを室内に取り入れる際には、質感やデザインなどに注目をすることで、雰囲気をさらに良くすることが可能です。特に、家庭内で手入れが簡単に行えるロールスクリーンは、家具店で人気商品として扱われることも増えており、カラーやサイズなどにこだわりがある人にとっても、理想的なアイテムを手に入れることができます。
ロールスクリーンの使い道は、それぞれのインテリアに対する価値観によって大きな違いがありますが、使い勝手の良い商品の特徴を知るうえで、インテリアを専門的に扱うメーカーのカタログを参考にしたり、販売店の有資格者からアドバイスをもらったりすることが有効です。また、窓の大きさや室内のレイアウトによっては、特注のロールスクリーンの購入を検討することも有効です。

© Copyright Space With Roll Screen. All Rights Reserved.